脳はそれを空想だと把握できない   

このところ、頻繁にかなりリアルな夢を見ています。

たとえば、夜ブログに文章をアップして寝ると、
夢の中で、知り合いの方からコメントをもらうわけです。
「あ、この人が1番にコメントくれた☆」と思いつつ、
それに返事を書いて、
「遅くなっちゃったけど、もう寝よ」とか言って寝る。
くださったコメントの内容まで覚えています。
ここまでが夢です。

それで朝起きて、ブログを見ると、なんと別の人がコメントくださってる。
自分が書いたはずの返事はもちろんない。
「え、あれって夢だったんだ?」と驚愕。

同じように、人から電話をもらう夢を見て、
あまりにリアルなので、ほんとにかかってきたような気になってたら、
起きたら着信履歴がなくて驚いたり。

このところ、頻繁です。
不思議な気持ちになります。
どっちが現実かわからなくなる。

脳は空想を空想だと把握できないそうです。
空想したことも、現実も、脳にとっては、すべて同じなんだって。
だから楽しいことを想像すると、
楽しいことが実際に起こったような効果を、脳は得られるそうです。

夢も脳にとっては現実なのでしょうね。
となると、私の脳はこのところ、
現実と夢と同じことを数回ずつしていることになりますね。

せっかくだからビリヤードの夢でも見たい。
試合で勝つ夢でも見て、勝ちぐせつけるとか。
苦手な球の練習する夢とか。
夢でも何らかのプラス効果が得られるかもしれません。

と、ここまでが夢です。
このところ、頻繁に現実っぽい夢を見るのは本当で、
それをふまえて、上記の内容のブログを書いている夢を、昨日見ました。
ブログ名は「脳はそれを空想だと把握できない」。
起きてみたらまだアップされてなかったから、
今日のブログにしてみました。(笑)

ホント、ちょっと不思議な気分になりますね。

BLOG RANKING
にほんブログ村 その他スポーツブログ ビリヤードへ
[PR]

by may59_2006 | 2007-09-18 19:52 | 日記

<< くすん ごはん2(15)ドライカレー ... >>