マスワリ対策?   

半年ぐらい前だったか、
シールラックのマスワリ9番 対策月間」(?)
というのを設けてみたことがありました。
一体何かというと、
シールラックの9番はほとんど動かない(ことが多い)ことを前提に、
シールラックの9の位置に置いた的球を、
台上のありとあらゆるところから入れまくる練習をするという(笑)

土手。ロング。カット。バンク。
うりゃー!!(?)

…それを見ていた知り合いに
全ての撞き辛 対策月間(年間)」のほうがいいんじゃない?と言われました。

もちろんそうです。(笑)
でも、真の目的は土手のロングを安定させたいということだったのですが、
何かわかりやすい例えがあったほうが、練習に緊張感がわくでしょう?

このときの、ネーミングのおかげで、練習した記憶が鮮明に残っているため、
試合中に最後の9番があの辺にあるときは、
何度も入れてるし!!」と思いながら、行けるようになりました。

BLOG RANKING
にほんブログ村 その他スポーツブログ ビリヤードへ
[PR]

by may59_2006 | 2007-10-26 19:26 | ビリヤード

<< 例によって スクラッチクイーン >>